革靴好きの会計士Penchi

物欲の止まらない公認会計士。平成元年生まれ。令和元年結婚。現在夫婦2人暮らし。洋服、靴が好き(特にビジネスアイテムが大好物)。

エドワードグリーン ウェストミンスター 88ラスト

 

f:id:Penchi:20200725003040j:image

本日ご紹介するのは、エドワードグリーンのウェストミンスター(WESTMINSTER)です。


エドワードグリーン。

言わずと知れた革靴の中でもトップクラスの人気を誇り、ジョンロブと共に最高峰の評価を得ている高級ブランドの一つではないでしょうか。

 

実質堅牢な英国靴でありながら、

無骨な印象よりは、曲線美やエレガントなシルエットを有しています。

 

私は、個人的にはジョンロブより、エドワードグリーンの方が好きです。

 

1980年、英国紳士靴の聖地ノーザンプトンにてエドワードグリーン氏により創業。

(「エドワード・グリーン」という名前の方、いらっしゃったんですね。うらやましい笑)

 

エドワードグリーンの中で、

ダブルモンクストラップであるウェストミンスター

現行モデルでは888ラストが使用されているタイプが多いと思います。

なお、去年、バーニーズニューヨーク銀座店で、202ラストのウェストミンスターを発見しました。

 

この888ラストは、現在のガジアーノ&ガーリングの創業者ガジアーノ氏がエドワードグリーン 在籍時に考案したモデル。

888ラストは、トゥがスクエア・ロングローズとなっており、モダンなシルエットとなっていますが、

88ラストは、888ラストの前身808ラストの更に前身となるラストです。


f:id:Penchi:20200725003028j:image
f:id:Penchi:20200725003044j:image

 

88ラストもスクエアトゥでありながら、

ショートノーズでありアウトサイドカーブがきつめにかかっていることから、

ラウンドトゥのような丸みも感じられます。

現在、88ラストモデルは、生産されているのかな?

おそらく、オーダーしないとないと思いますが、

こちらの88ラストのウェストミンスター

これはイギリス出張に行った際、アンティーク屋さんでマイサイズの5 1/2を発見し、即購入。迷わず購入です。

 

非常に綺麗なシルエットで、

革質も良かったので、綺麗な輝きがあったのですが、

88ラスト。アウトサイドカーブがきつめで

結局自分の足には馴染みきらず、手放してしまいました...。

 

ただ、履く用ではなく、鑑賞用に手元に残しておけばよかった...という後悔もあります笑

 

いま現在、某フリマアプリで転売されているので、

それを見ると、購入下さった方もアウトサイドカーブがキツかったのかな...と思ってしまう反面、

再度手元にお招きしようか、という葛藤にさいなまれます笑


f:id:Penchi:20200725003036j:image
f:id:Penchi:20200725003032j:image

f:id:Penchi:20200725090734j:image

最後の写真は、アマンTokyoで2年ほど前に奥さんとディナーした際の記念写真。